〒〒333-0853 埼玉県川口市芝園町3-11-103
048-424-4426
070-1427-6868

会員登録

×

CATEGORY


 

CONTENTS

CATEGORY


 
HOME»  ブログ記事一覧»  鯉のレシピ

鯉のレシピ

  • 件 (全件)
  • 1

鯉の美味しい煮込み料理レシピ

鯉は美味しいもの!

は生命力が強くて、日本の河川に幅広く生息している淡水魚なんですよ。釣ろうと思えば簡単に釣れますが、泥が多く臭みもあるので、泥抜きが必要になり、個人で食すのは困難な魚です。実は鯉は紀元前より食されていて、昔の人のたんぱく源として貴重な存在で、江戸時代、将軍様にも高級魚として献上されていたとか。

鯉の養殖が淡水で育った鯉は、泥臭いと敬遠されがちな鯉のイメージが一変するおいしさがあるんですよ。きれいな水で養殖された鯉は泥臭みがないので、新鮮な鯉であれば刺身でも食べられます。

〆立ての新鮮な鯉であれば「刺身」で食べられます。その身は白身になりますが、弾力のある歯ごたえで、脂がのり甘みを感じます。


地方によて年末年始、お盆、お祝いがあると鯉を食べます。うま煮、鯉こく、塩焼き、刺身など、何種類も並びます。特にこの時期のものは、身が締まり、脂がのっていて、たまりません。



鯉のうま煮レシピ


鯉のうま煮 材料:

A:一匹 3切れ(は一度熱湯をかけて軽く血抜きをしておきます。熱湯は水道の1番あついのでOKです。細かいところも忘れずに。壊れやすいので気をつけてください
B:砂糖 120g
   醤油 1合
   みりん 1合
C酒 1合
D水 500cc

作り方:

  • Bの材料を中火で煮立ちさせます。
  • A鯉を輪切りを並べるように入れ落し蓋をして火にかける。弱火と中火の間くらいでいいと思います。15~20分ぐらい煮込みます。
  • 汁が煮詰まってきたら鍋のまわりからCの水とDの酒を加えます。15分
  • 鯉の表面にあめ色の照りがつき、タレに粘り気が出てきたら出来上がり。 時々スプーンで鯉の表面に煮汁をかけます。

2020-12-04 11:23:19

コメント(0)

  • 件 (全件)
  • 1