〒115-0043東京都北区神谷1-28-1
03-6903-0867070-1387-8686

会員登録

×

CATEGORY


 

CONTENTS

CATEGORY


 
HOME»  ブログ記事一覧»  お祝い行事

お祝い行事

  • 件 (全件)
  • 1

年节聚会时的纯色出“彩”爽口凉菜

餐桌上的“纯色”爽口菜

      又到年关,身在日本的朋友们,可以过中,日,西三个大节了。圣诞节接着是元旦之后是春节,过什么节不重要,重要的是大家聚在一起,联络感情。中国人之间的“浓情”大部分都是各种饭桌上建立并加深的,身在国外也不要错过这些机会。感觉都淡了,没有必要的你,其实“感情”深不深,也不太重要。虽然你可能没有期待,但是还有朋友记得你,想起你,一起吃个饭聊一聊,,给拼搏忙碌的自己放个假。
      过年过节,家庭朋友聚会的时候,大家都会有自己的拿手菜,基本上主菜都不在话下。能不用食谱,自己掌勺,做上一个席面儿,且手艺不输大厨的人比比皆是。主菜有了着落,还需要配一些,清爽解腻的小凉菜。在这里和大家分享一下,我喜欢的小菜食谱,不仅味道好,还颜值高的纯色系小菜,能够很好的挺亮餐桌色彩,更好的烘托节日气氛。

1.“绿色” 凉拌莴笋丝

凉拌莴笋丝,口感脆嫩鲜爽,非常健康、有助消化。
色彩上通透鲜绿,看上去很有食欲,搭配红色辣椒,或者西红柿,视觉效果更好。

材料:
莴笋、香葱、红辣椒适量(点缀用)、盐、鸡精、白糖、白醋、食用油

具体制作方法

  第一步:将莴笋切成丝,香葱切末,红辣椒切丝备用。

  第二步:莴笋丝中放入一小勺盐,拌匀腌制20分钟。将莴笋丝中多余的水份倒掉,放入1勺白糖、半勺鸡精拌匀。
  
    第三步:香葱末放入莴笋丝上,将1勺热油(油温大概7成热)迅速浇在香葱末上,尽量把葱都浇均匀,这时会飘出葱油香味。(喜欢辣的朋友可以把红辣椒和葱末一起铺好,浇油,这样,葱油会有稍许辣味)

    第四步:莴笋丝中倒入2勺白醋拌匀。

  第五步:装盘,最后在顶部放一些红辣椒点缀即可。有小孩或不吃辣的朋友,可以省略辣椒,在摆盘的时候四周摆放小番茄。

2.“红色” 糖醋樱桃萝卜

糖醋樱桃萝卜脆嫩爽口,放在冰箱里冰镇2~3个小时后,更是清凉爽口,极其开胃解腻。
色彩上也符合我们中国人喜庆的日子里用红色的习俗。不仅可以单独成菜,也可以摆盘时,点缀搭配其他菜式。好看又好吃。
这道菜最重要的一步是第二步切的时候要小心不要切断

材料:
樱桃萝卜、白糖、白醋、盐
具体制作方法:

     第一步:将萝卜清洗干净,去掉根、叶。

  第二步:用筷子放在萝卜两边,然后用刀切成薄片,注意底部不要切断。

     第三步:将筷子横放在萝卜上下两边固定好,用刀将萝卜切成薄片。
                注意:萝卜两边比较尖的地方会高于筷子高度,切的时候要小心不要切断。

  第四步:萝卜中放入一小勺盐拌匀后腌制20分钟。腌好后,将碗中多余的汤汁倒出。往碗中倒入1勺白糖、1勺白醋、1勺柠檬汁拌匀                 后腌制5分钟。(没有柠檬汁可以不放,加1勺白糖、2勺白醋)

  第五步:腌好后,装盘即可食用。

3.“橙色” 橙汁萝卜条

一桌子大鱼大肉有点腻了,来个酸酸甜甜,橙香四溢的爽口萝卜条,一定很受欢迎!
色彩鲜艳,橘黄色视觉吸引你的目光,味道掳获你的味蕾。试试看吧。

材料:
白萝卜、橙汁、白糖、果珍(手边没有就把橙汁换成浓缩橙汁)
具体制作方法:

     第一步:将萝卜清洗干净,去皮,切成长短粗细相同的萝卜条,大概是指粗。
     第二步:开水煮至透明,捞出装入腌制用的小盆或者食盒里。
                注意:煮的时间不宜过长,刚透明即可,不然会失去爽脆的口感。  
    第三步:小锅里倒入浓缩橙汁,或者橙汁加3勺果珍,适量白糖,白糖融化即可关火,倒入萝卜条中,高度要盖过萝卜条。
    第四步:待冷却后,放入冰箱2~3小时后使用口感更好。

4.“紫色” 凉拌紫甘蓝

紫甘蓝的吃法很多,餐桌上需要一些漂亮的颜色时,这道菜口感清爽,而且可以大量使用紫甘蓝,获取紫甘蓝的营养。
色彩上是比较少有的亮紫色,瞬间让餐桌变得多彩起来。
材料:
紫甘蓝适量、盐、白糖、白醋、白芝麻、香油
具体制作方法:

     第一步:紫甘蓝切丝。比较在意甘蓝丝粗细的朋友,可以先将每片叶中间最粗的叶筋切掉拿出后再切丝。(去掉的叶筋不要扔掉,其                  他炒菜的的时候加进去)。
     第二步:加少许盐,用手反复抓几次(建议朋友们但一次性手套),把汁扔掉。
     第三步:加入适量白醋,少量白糖,适量芝麻油拌匀。
     第四步:装盘,点缀白芝麻。

以上就是几道简单,出“彩”的爽口菜。在你忙碌的时候,不会花很多时间,搭配主菜,效果很好。试试看吧。

2020-12-11 11:27:53

コメント(0)

中国人の新年

中国の旧暦新年では、どんな食事をするの?

 

中国のお正月である春節とは、伝統的な祝い事である。日本に西洋文化圏から来た新暦が取り入れられるようになったのは比較的新しく、明治時代に入ってからです。中国でも同様で、長く旧暦が使われてきました。中国では今でも新暦の1月1日より、旧暦の1月1日を重んじ、盛大にお祝いします。それは世界中の中国人にとって年間一番の大切な時点である。
中国ではどんなふうに春節を祝うのでしょうか。日本ではなじみの薄い中国の旧正月、春節。中国の人たちがお祝いに食べている食事についてご紹介します。

春節って何?いつのこと?

旧暦とは、月の満ち欠けで決まるカレンダーのこと。2021年の旧暦の1月1日(新月)は、新暦の2月12日(金曜日)になります。新月から満月までを春節として祝うので、陰暦霜月2月12日から26日(満月)が2021年の春節の期間です。中国では、大みそかにあたる2月11日から17日までが旧正月の休日となります。ほとんどの中国人は他のことより、お年越し用品を買ったり、家族集まってお食事をしたりするなどばかり考える。忙しいというより、むしろたっぷり幸福感を感じると言えるだろう。
その時、お金を惜しまずにお正月の味が染まっている料理を準備することにより、天地神明に詣で、家族への愛を伝え、年月の移り変わりを感じる。大切な祝い事だからこそ、中国のお正月料理には味、形、読み方、意味様々なこだわりがあるのだ。大晦日の夕食が中国語で「年夜饭」と言い、出稼ぎ者はどんな忙しくてもその日は必ず帰省し、家族全員揃って晩御飯を食べ て、新しい年の訪れを祝います。家の近くで爆竹を鳴らしたり、旧暦の大晦日には花火が夜空に大輪の花を咲かせたりすることもあります。だから、「年夜饭」は「团圆饭」とも言える。中国語の「团圆」は「団らん」の意味だ。
 

春節で食べるもの

「魚」
大みそかには「年夜飯」と呼ばれる食事をする習慣があります。地方によって食べるものに若干違いはありますが、おせちのように縁起のよいものを食べるのが伝統です。
どこでも縁起物の一つとして欠かせないのが、魚料理。中国語で「魚」の発音が、「余」という文字と同じことから、「年年有魚」すなわち「年年有余」である。収穫が余る=豊作と重ねて、食卓に並べることになっています。東北地方で“无鸡不成宴,无鱼不成席”が挙げられ,魚料理と鶏肉料理なければ宴にはならないとの意味で、魚料理は宴会の主役だと言う。



「餅」
また、お餅も縁起のよい食べ物の一つ。それは、来る年がさらによい年であるようにという意味である「年年高昇」 の「年高」の読みが、年糕(ニェンカオ)という餅と同じだから。年を重ねるごとに物事が高く上昇していくさまを表す言葉に、繁栄や出世の願いが込められています。

「餃子」はおめでたい日に食べるもの

中華料理の代表的なメニューである餃子も、春節には欠かせない料理の一つです。春節餃子を食べるのは富をもたらすという意味があります。春節餃子は、中に詰められる具材にも意味が込められています。なつめを食べると、新年を甘く感じさせ、幸せに満ちた日々を送ることができると信じられています。また、落花生を入れて健康長寿祈願をする風習もあります。

春節最後の夜はお団子を食べる

旧暦の新年、最初の満月は春節の最終日です。この日は、中に甘いあんこを詰めたお団子を食べる習慣もあります。丸いお団子に、家族円満や一家団らんを重ね、満月を眺めながらいただくのです。この夜には提灯を飾る習慣もあります。春節最後の夜を家族そろって過ごす、大切な夕べです。

一味違ったお正月気分を楽しもう!!

伝統と歴史を重んじる中国。春節は、その一大結集とも呼べる行事です。新しい年の訪れを祝う気持ちはどこの国でも同じこと。春節への理解を深め、2021年は中国の正月料理で楽しんでみませんか?

2020-12-03 12:19:21

コメント(0)

  • 件 (全件)
  • 1